独立系の人は一定以上の「発信力」が攻撃力だけでなく防御力にもなる

| コメント(0)


具体的にどのような事案を指しているのかはあえて精査はしないけれど、大よそ理解できる話には違いないので、覚え書き。何らかの団体や組織に属していると、その集団の肩書が多分に使えるので、情報発信力は多分に底上げされた形になる。●×所属のとか×□社のって感じ。もちろん個人の能力が卓越していれば、さらに力を有するようになる。もっとも逆に、個人のスキルと集団の底上げを勘違いしていると、それを指摘される場面で赤恥をかいたり、その肩書が無くなった後でも同じようなふるまいをして、痛い目にあうこともあるけれど。

で、最初から個人や独立系の人は、その底上げやらがないので、基本的に自身の発信力を高めるしかない。集団の構成員は最初から支給品の防具と武具のワンセットが支給されるのに対し、個人は素手と普段着で冒険をはじめねばならないといった感じ。自前で武器を創ったり調達したり、腕力を鍛えないといけない。

そして情報のやり取りの世界では、情報の発信力が攻撃力にもなるし、防御力にもなる。発信力が相応に無いと、それが事実であったとしても、正論でも、情報発信力に長けた人の声が世間を席巻してしまい、自分の声がかき消され、否定され、押しつぶされてしまう。後になって「間違ってました、てへぺろー」と軽く頭を下げられても、潰された方は取り返しのつかない状況になってしまう。状況復帰が果たせても、失われた時間とリソースは戻ってこない。発信力がないばかりに冤罪事件の被害者になってしまうようなもの。......まあ、この仕組みの悪用の一つの事例が「悪質系まとめサイト」であり、その力の実力を知っているからこそ、パクツイをしてでもフォロワーを増やしたいツイッターやLINEのアカウントが後を絶たないのだけどね。

情報界隈における発信力は、武器にもなるし防具にもなる。これは覚えておいた方が良い。いや、自分が発信力という武器を持っていることを認識させれば、容易に自らの武器で蹂躙させようとすることに躊躇する力が働くことを考えれば、安全保障上の話にもつながるかな。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年4月30日 08:21に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「若いうちに勉強しろ」はこんな風に言うと超納得できる」です。

次の記事は「アプリゲームでのアイテムの強さ変更とインフレと」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31