回転寿司と茶碗蒸しの関係、サイドメニュー周りの後日談

| コメント(0)


先日掲載した回転寿司に関する、サイドメニューの人気投票でトップに茶碗蒸しが付いた件。こんなお話をいただき、なるほど感を覚えた次第。これなら確かに茶碗蒸しがトップにつく理由は分かる。そうか、子供向けとか、生ものが苦手な人とかには茶碗蒸しがベストチョイスとなりうるのか。


という話もある。当方は元々海産物が苦手で、回らない寿司の類ももう何年行ってないのだろう的な状態だから、お寿司に茶碗蒸しが定番って話も失念していた。これは勉強になる。

......という事で元々のリリース上の設問を読みなおしたところ、この項目はよく選択するサイドメニューでは無く、回答者(大人)が好きなメニューであるとのことだったので、子供云々ってのはちょっと違うかもしれない。で、元記事にはこんな感じで追加。

茶碗蒸しの考察に関して「子供連れは子供向けに茶碗蒸しを注文するのでは無いか、だから人気なのでは」との意見が寄せられました。設問では「回転寿司店のサイドメニュー・一品料理の中で好きなメニュー」とあり、回答者自身の好みを尋ねているため、回答者の子供の好き嫌いは関係ないと判断できます。ただし、子供が好むため共に頼むケースもありうるため、影響は皆無とは言い難いとしておきます。

要は、「大人の回答者が好きなものをあげたのだから、子供のために選択する云々ってのは当てはまらない。けど、その連動性で回答者自身も好きだと判断している可能性はゼロでは無い」というところ。

で、何故お寿司に茶碗蒸しがセット的な存在となっているのかについては、


あたりで大体確認ができる。茶碗蒸しは元々汁物扱いされているとか、材料が寿司界隈で手に入りやすいとか、ぎんなんはげんかつぎとか、そんな感じ。「夫婦蒸し」ってのもあるんだねえ、これは素敵なお話。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年4月21日 07:57に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「毎度おなじみの「世界報道の自由度ランキング」でございます、的な2016年版が登場」です。

次の記事は「引き出し付きのイス、新しくてなつかしい、とか」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31