「オスプレイの着陸時に真下に居ると危険である」という事実と詭弁と

| コメント(0)


九州・熊本の地震に際して米軍のオスプレイが用いられたことから、いくつかの界隈でオスプレイ忌避論が再び盛り上がりを見せている。オスプレイだろうと何だろうと人の創りしものだから絶対に完全に安全ということはありえず、リスクは存在しているのだけど、他の選択肢と比べればベターなもののひとつであり、「それに触れたら間違いなく死ぬ」的なものとは全然違う。まるで古代の人がタブーな存在を避けるような振る舞いには、ちょっと時代錯誤感すら覚える。

で、その時代錯誤感すら飛び越えて詭弁的な話なのが、この「オスプレイの着陸時に真下に居ると人が死傷する危険がある」というもの。一瞬はオスプレイって怖いよなあと思うかもしれないけれど、その次の瞬間、オスプレイでなくとも真下にいたらヤバいやんって感じで詭弁でしかないことが分かる。この飲料水を1日100リットル飲んだら死ぬ、みたいな。それ普通の水でも100リットル飲んだら死ぬよ、的な。


オスプレイを叩きたい心情は理解できなくもないけれど、その想いを不特定多数に同意させるために、詭弁を持ち出す事でかえって論理的な破たんを招いてしまい、ツッコミフルスロットル状態となっている。まぁ、冷静になって考えてみれば、色々とおかしな話であることはすぐにわかるはずなのだけど......以前から何度か触れている、「専門家が思想を持つのは自由。でも、その思想に影響されて自分の専門分野で嘘をついたり誤魔化しをしたり、意思決定をするようになったら、もう専門家としてはおしまいです。それは専門家の肩書を悪用した、ただの害悪でしかない」ってことなんだろうなあ。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年4月21日 07:14に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「新規立ち上げゲームサイトで「はちま起稿、オレ的ゲーム速報 刃などへの転載はご遠慮ください」の明記」です。

次の記事は「毎度おなじみの「世界報道の自由度ランキング」でございます、的な2016年版が登場」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31