リッチなカレーのラーメンが明星から登場

| コメント(0)
明星食品株式会社 (社長:松尾 昭英) は、エスニック料理の名店監修によるカレーラーメンを楽しむタテ型カップめん「明星 スパイスタイム 銀座デリー監修 カシミールカレーラーメン」と「明星 スパイスタイム マンゴツリー東京監修 チェンマイカレーラーメン」の2品目を、2016年5月16日(月)に全国で新発売いたします。


今回の新商品「明星 スパイスタイム」は、本格的なエスニック料理の名店が監修したカレーラーメンのおいしさをお手軽に楽しめるタテ型カップラーメンです。

「明星 スパイスタイム 銀座デリー監修 カシミールカレーラーメン」は、東京・銀座にあるインド・パキスタン料理の名店「銀座デリー」の人気メニューである "カシミールカレー" をラーメンメニューにアレンジしたカレーラーメンです。辛みの効いた味わいの中にロースト感を感じるスパイシーなスープがクセになる味わいの極辛ラーメンに仕上げました。

「明星 スパイスタイム マンゴツリー東京監修 チェンマイカレーラーメン」は、東京・丸ビルにあるタイ料理専門店「マンゴツリー東京」が監修し、タイ北部のチェンマイカレーにアレンジを加えたカレーラーメンです。ココナッツミルクで甘さを加えやや辛口に仕上げた、スパイシーなイエローカレー風のカレーラーメンです。


先日色々あってCM放送を中止したところ、かえって売り上げが伸びるというエピソードが生じることになった某リッチ系カップラーメンが良い例だけど、最近はインスタント系の麺は何らかのブランドとのコラボを用い、リッチな様相を見せるタイプのが増えている。地域の味わいにしてもこれまでには無かったような海外のものを対象とし、物珍しさをアピールしているとか。普通の味に消費者が慣れてしまい他の商品には目を向けなくなった、定番アイテムの牙城を崩すのは難しいと判断したのだろうか。確かに二度三度はともかく、一度は食べて見たくなる感じはする。

今件はカレーラーメンという、基本部分でちょっと変化球の方向性の上で、エスニック料理の名店に監修をお願いしてブランドを付加。そして対象となるカレーも普通のものではなく、カシミールカレーとかチェンマイカレーといった、聞いたことはあるけれど、食した機会はあまり、あるいはほとんど無く、食べてみたいなと思わせるもの。これはいいね。

カレー系のラーメンは麺とカレーのマッチングは当然だけど、スープの部分となるカレー自身の旨味が大きなポイントとなる。それこそスープの部分のカレーだけでご飯と合わせて食べても美味しい位で無いと。どのような味なのか、カレー好きな人は大いに気になる一品に違いない。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年4月20日 06:48に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ししねことカルビーのスナック、不思議おかしなカプセル玩具」です。

次の記事は「レゴ ニンジャゴー コールのエレメント・ドラゴン 70599 調達&完成」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31