公式のレゴだけで警察っぽい情景を創りたい

| コメント(0)


以前互換品なら作れるよなあ的な話と共に、実際に互換品を調達してあれこれも考えていたのだけど、公式のレゴがある程度集まるに連れて「やっぱり制限のある中でどれだけそれっぽさを演出できるかが面白いのでは」的な想いを抱くようになった。互換品がOKならいっその事自分でプラモなり3Dプリンタを用いるなどして作ればいいまでの話じゃん、的な。

ってことで先日から色々と試行錯誤と浪費をしながら「警察、機動隊っぽい情景のためのフィギュア」作りをしている。昨今の公式レゴでは警官の服装が青っぽくなっていて、イメージとしての機動隊の服装である黒が無くなってきてちょっと難儀。服そのものもレザージャケットが限界で、例のプロテクトアーマーみたいなものは無い......と思っていたら、こんな写真。

非常にそれっぽい。機動隊というよりはSWATチームっぽいけれど、防弾ベストもカッコイイ。こんなのあったっけ?

ということでおうかがいしたところ、レゴのオリジナル映画をもとにしたセットの中に入っているロボット警察のフィギュアがベースなんだそうな(トルソーってのは胴体のこと)。確認したら確かにあった。ああ、これは気が付かなかった。

公式のレゴは原則軍隊系はアウト、警察もものものしいのはダメっぽい、でも映画がらみならば結構その境界線はあいまいになるってのは以前言及した通り。これもまた、その曖昧さ、グレーゾーンを巧みに使った感じ。

ただ、元ネタがマイナーなことに加え、知名度もあまりないことから、このミニフィグ自身も相当お高め。専門店で在庫があっても、1体で普通のセットが1つ買えるぐらい。うん、それでは汎用性が無いので無理。


ということで色々と模索の最中ではある。透明のブロックプレートとかも存在はするけれど、やはり高コストなのでアウトだったりする。世の中難しい。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年4月14日 07:13に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ASCII.jp Web Professionalにグラフを盗用された件について」です。

次の記事は「ファミマの新作ドーナツとローソンのドーナツ事情と」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31