「ばくおん!!」とアマゾンのコラボがステキナイスとの指摘

| コメント(0)


タイトル名から「けいおん!」を容易に想起できるし周辺界隈も同様のヒットを望んで色々と積極的に動いている感のある、バイクに係わる漫画「ばくおん!!」。これまでも多方面とのコラボがなされていたとの記録があるけど、やはり不特定多数へのアピール力が桁違いで、幅広い層からの来乳が期待できるテレビアニメには、スペシャルな期待がかかっているようだ。まぁ確かに、バイクもの系の漫画で女子高生が絡んでくる、さらにはそれがメインとなるアニメってのはあまり聞いたことが無い。これまでならむしろ「高校生がバイクだなんてとんでもない」というツッコミすら入ってきそうな感じがあるからねえ。

で、今回指摘の通り、ちょっといいよなと思ったのが、アマゾンのコラボ企画。確かにこれまでも、アニメの放送に合わせて関連商品に注目が集まったり、アニメでは明記されていないにも関わらず商品が特定されてその商品の需要が高まるってことはあった。また企画ページが展開される事も少なくない。

ただ今回は、放送開始からしっかりと関連ページが創られ、内容から想起される商品が多方面に渡って展開されている。そりゃアマゾンの立場においては、自前の売り場にある商品が売れれば良いわけで、使える機会は何でも使うまでって指摘をされるとグウの根も出ないのだけど。「ばくおん!!」に関しては多分に実世界の商品と深い関わり合いがあるし、その商品のメーカーが大プッシュしているのだから、この類の仕組みは皆がハッピーになれるスタイルではある。

当方もこの姿勢はいいなあ、すごいなと思うし、参考になる場面があるか否かは分からないけれど、生み出された好奇心や願望にすぐさま応えて「どうぞ」ができる姿勢は、見習いたいなあという気はする。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年4月 9日 07:28に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「今夏も電力周りで数字目標設定による節電要請はなされない可能性」です。

次の記事は「レゴ クリエイター 海洋調査船 31045 完成」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31