公式のレゴ、映画に登場しているのなら近代兵器でも登場させられるのか

| コメント(0)


以前紹介したこともあるけれど、公式のレゴでは原則的に現代兵器は登場しない。色々なポリシーがあるようで、あえて避けているようだ。精々近世のナポレオン時代位まで。あとは海賊とか、「スターウォーズ」の未来兵器とか。警察周りも色々と微妙で、米警察はありだけど、長もの武器は登場しないしシールドの類もない。SWATもなく、あくまでも町のお巡りさん程度。互換品とかレゴ風の他社が、その方面に幅を利かせている......のだけど、こだわりを覚え始めると、やはりそれらのコピー品には手を出しにくくなる。

で、先日ちょいと探し物をしていたところ、本来なら存在しないはずのドイツ軍兵士が単品で売っていたのを見かけて不思議感を覚え、確認したところ、2008年に映画のインディージョーンズ系のシリーズが出ており、それのセット品の単品販売だったという次第。

そうか。映画の仕切り分けなら、第二次大戦ものも展開し得るんだ。


さすがに戦車や装甲車までは無かったけれど、ジープや軍用トラックまではあったし、ドイツ兵以外にロシア兵まで出てくる。ロシア兵がなぜかみんな悪者顔ってのも結構アレな感じだけど。

元々流通量もさほど多く無かったのに加え、レア度が高く、しかも10年近く前のものであるため、流通在庫はほとんど無し。あっても普通のフィギュアのの数倍。「映画のセットならば近代兵器の縛りは無い」とのルールに従い、色々とこんなタイプのセットやフィギュアも今後展開してほしいとは思うのだけど......。難しいかな。

先日から展開しているマーベル系のはヒーロー的なものばかり。「スターウォーズ」は反乱軍がそれっぽいところはあるのだけど。「GATE」なら自衛隊の兵器が山盛りだけど、世界的に売れないとまず難しいだろうね(汗)。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年4月 3日 07:11に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「コールマン ランタンミュージアム3 確保」です。

次の記事は「デスクトップフィギュア おじさん図鑑「たそがれるおじさん」 取得」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31