リッチなカップヌードルはパッケージもゴージャスです

| コメント(0)
1971年9月18日に発売した世界初のカップ麺「カップヌードル」は、おかげさまで今年45周年を迎えます。今回、45周年記念商品の第一弾として、カップヌードル初のプレミアムタイプ「カップヌードル リッチ」を発売します。


上品なスッポン鍋をイメージした「贅沢だしスッポンスープ味」は、カツオのうまみたっぷりの和風だしにショウガを利かせ、スッポンの粉末を加えて仕上げたコクのある和風スープです。濃厚なフカヒレの姿煮をイメージした「贅沢とろみフカヒレスープ味」は、チキンとポークをベースにカキのうまみを凝縮したオイスターソースを加えて仕上げた、とろみのある中華風スープです。


45周年記念といういくぶん中途半端な記念アイテムとして登場するのは、初のプレミアムグレードなカップヌードル、「贅沢だしスッポンスープ味」「贅沢とろみフカヒレスープ味」。ぶっちゃけ、カップヌードルクラスですっぽんだのふかひれだのというのを味わうと、何だかバチが当たりそうで怖い、的な感はある。そもそも、元々の食材を食べた機会など滅多になく、どれだけ元の味に近いのか否か、比較が難しいのは当方だけかな(汗)。

......ってよく見ると、「贅沢だしスッポンスープ味」は「スッポンの粉末」が入っているのだけど、「贅沢とろみフカヒレスープ味」は「濃厚なフカヒレの姿煮をイメージした」とあり、ふかひれそのものは入っておらず、具材にフカヒレ風加工品があるのか。これはこれでリッチというよりはセミリッチな感じで、かえって好感が持てるな。

価格は1つ230円と、普通のカップヌードルと比べて相応にリッチだけど、パッケージの豪華さはきれいに洗って保存しておいても良さげではあるし、色々とネタとして一度は食してみたい内容には違いない。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年3月29日 06:50に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ローソンのドーナツがついに「ドーナツと焼き菓子」にレベルアップ」です。

次の記事は「「プロメテウスの罠」が連載を終了したとの話」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31