figmes(フィグミーズ) ドラゴンボール なるものが昨日から出ているそうな

| コメント(0)
ドラゴンボールの約37mmのコレクションフィギュア「figmes(フィグミーズ)」です。ラインナップは「孫悟空」「スーパーサイヤ人孫悟空」「ベジータ」「スーパーサイヤ人ベジータ」「ピッコロ」「クリリン」「フリーザ」「セル」の全8種です。集めて楽しい、並べてもっと楽しいコレクションフィギュアシリーズです。

元々レゴのフィギュアのことをミニフィグとも呼ぶのだけど、それとほぼ同一規格のフィギュアは結構多種多彩なところから展開されている。国内でもタカラトミーで似たようなフィギュアがジオラマ的なセットでトミカと合わせて展開されている。「ハイパーレスキュー隊員」とかが良い例で、少し体格が細めなんだけどね(プラキッズという名前)。

それと似たようなコンセプトで、バンダイもミニなキャラクタのフィギュアシリーズの展開を始めるようで、その第一弾的なものが、このfigmes(フィグミーズ)のドラゴンボール。いや、以前にもあったかもしれないけど、「figmes(フィグミーズ)」で検索しても過去の事例が見つからないんだな、これが。


セットの内容は8種類で1つ500円......って版権の問題もあるんだろうけど、元祖レゴより高いな、これ。サイズは37ミリでレゴとほぼ同様。手の部分や胴体の切り口はほぼレゴ公式と同じようだけど、パーツとして取り外しはできるのかな? ドラゴンボールだとレゴのニンジャシリーズと相性が良さそうだけど。

むしろ今後、バンダイの版権物で、このスケールのフィギュアが登場する可能性が出てきたって方が、ニュースとしては大きいかもしれない。フィギュアそのものだけでなく、演出のための小物なども出てくれると嬉しいのだけど。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年3月 2日 06:54に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「学校のいろんな施設をフィギュア化「ぼくらの校庭メモリーズ」」です。

次の記事は「空港などで荷物の頼まれごとをしても「絶対に」受け取ってはいけないという話」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31