明日は3月11日。震災から5年目を迎える日

| コメント(0)


アメリカ合衆国で大きな転換点となった9月11日。奇しくも月日的にその半年前となる3月11日が、日本では同じように転換点となりつつある。5年前の2011年3月11日に発生した震災で、色々と日本が変わってしまった、かじ取りの方向性が変化したことは否めない。ある意味、今でも狂乱の部分はあるし、それを続けようとする勢力もそれなりに力を持ってしまっている。それはおかしいだろう、という話が「感情論が」のオールマイティカードを振りかざす形で優先され、声高に語られることが容認されるケースが少なくない。

明日、3月11日は震災から5年目を迎えることになる。ちょうど週末金曜日に当たることもあり、色々と画策する動きも見受けられる。あるいはこの一か月間、社会的に色々といかがわしい話やら、騒げれば実態は何でも良い的な動きがあるのも、これに合わせての感はある。

ある意味明日において、誰が何をやったのか、関連する、あるいは連動する形で何を語ったのかは、これまでの3月11日以上に詳細に記録し、覚えおくようにした方がよいだろう。5年という節目で、考え、思惑が透けて見えてくるはずだ。

これまでも3月11日に色々と不適切な、不義理な、倫理観に反する行為や発言がなされたあと、「周囲にのせられて」「勢いでつい」さらには「そんなことをしたとは覚えていない、知らない」と説明する筋も無い訳じゃない。その際にしっかりと提示できるよう、有無を言わさないよう、記録は大切。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年3月10日 07:16に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「子供にとって学校と自宅は世界のすべて、先生や保護者は絶対神」です。

次の記事は「現場に居た人や、内情を知っているはずの関係者の言及が、すべて事実とは限らない」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31