レゴ スーパー・ヒーローズ マイティマイクロ:キャプテン・アメリカ VS レッド・スカル 76065 取得

| コメント(0)

先日【マーベルコミック周りのレゴ新作で戦車道的なものができるらしい】で紹介した、レゴの新作、マーベルコミック周りのヒーローもののうち、ミニタイプ......というかSDタイプのセットシリーズ。そのうちの「キャプテン・アメリカ VS レッド・スカル」が戦車道的なアイテムとなっているのが気になって、土曜日にオーダーしたら日曜に届いてしまって超驚き。早いよ。

個人的にはマーベルコミック周りの登場キャラクタは、バットマンを少々知っているぐらいで他は名前と造形をうっすらと認識している程度。ああ、こんな人もいるよね、位。で、世間一般も同様のようで、今件のミニセットにおいては、なぜかバットマンのものだけが早々に品切れをして高値を付けている状態。まぁアレだ。黒塗りの高級車ごっこができるのはポイントが高いので、値が落ち着いたら考えよう。


で、組立そのものはイージー。2つ合わせて40分程度で終了。うわさのキャプテン・アメリカが乗る戦車は(原作でもこんなシーンがあるのかな??? 分からじ)回転砲塔に見えるけれど、実際には旋回せずに固定型。まぁ、そのように見えるってだけでもポイントが高い......というか戦車が造型として公式から出る事自体、非常にレアな感じ。レッドスカルの車両もどことなく軍のジープ的な感じがしているし、それ方面の改造用パーツとしても楽しめそう。

話を戻してキャプテン・アメリカの戦車。乗せる車両に合わせ、実は添付されているフィギュアって子供サイズなんだよね。通常サイズのフィギュアを乗せるとちょっといびつに見えるかも。ただ、シンプルな警察車両的に見せるのは不可能ではないので、ちょっとパーツを足し引きすれば、面白いものができそうなので、その点ではやはりお買い得。合わせてトラクター的に使える「フラッシュ vs キャプテン・コールド」もポイントは高いな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年3月 7日 07:50に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「逆の状況だったらどうだろうかと考えるのは「反転可能性テスト」と呼ぶのだそうな」です。

次の記事は「お客が大変になりそうな、独創的な蒸気機関車の走らせ方」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31