マクドナルドのハッピーセット、今度はオリジナルデザインのチョロQ

| コメント(0)
日本マクドナルド株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長兼CEO:サラ・エル・カサノバ)では、プルバックゼンマイ搭載のミニカー「チョロQ」のおもちゃと、アニメやゲームで女児に大人気の「プリパラ」のおもちゃとプリチケがセットになったハッピーセット「チョロQ/プリパラ」を、2016年2月19日(金)から期間限定で全国のマクドナルド(一部店舗除く)にて販売いたします。


ハッピーセット初登場となる「チョロQ」には、マクドナルドの商品やシンボルをモチーフにしたチョロQ全8種類が揃います。子供たちの大好きな「チーズバーガー」や「ポテト」「ドリンク」「ハッピーセットボックス」などがチョロQとなった夢のコラボレーションです。チョロQはプルバックで走らせて遊ぶことができます。


色々と大変そうな状況で、実際当方の行動領域でもいくつか動きがあったことで、リアルを覚えたマクドナルド。そのハッピーセットだけど、先日の漫画スヌーピーの造形のように、今でもクリティカルヒットなステキナイスアイテムを送り出してくれるので、頑張ってほしいという思いは強い。

今回登場する「チョロQ/プリパラ」も、その一つとなりそう。正直「プリパラ」は良くわからないので評価しがたい所があるけれど(当方が「プリパラ」のカチューシャとかヘアリボンをつけてもキモいだけ(笑))、チョロQはスヌーピーのと同じようなオーラが漂っている。ああ、これでこそマクドナルドならではのアイテムだよ、これこそが欲しかったものだ、的な想いが沸き上がる。


どれもこれも取得心をかきたてる外観だけど、特に「チーズバーガーQ」や「マクドナルドQ」、「ハッピーセットボックスQ」はしびれることしきり。ブラインドタイプの提供なので望みのアイテムが手に入るかは分からないけれど、これなら何回かチャレンジする価値はありそうだな。来週末が楽しみだ。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年2月13日 07:44に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「子供のためのボンカレーなるものが出るそうな」です。

次の記事は「東京練馬区・としまえん駅前のマクドナルドがドトールに」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31