座席の下に置くのはマナー違反か否か...昔の日本での列車内食事作法と「昔と今の常識の違い」と

| コメント(0)


今手にしている昔の情報を、今の常識の視点で見ると、勘違いや解釈の間違いを起こしてしまうことになる。それをよく認識できたお話。ちょぃと前に話題に登った、列車内でのマナー問題。これに関するひとつの回答が語られていた。まぁ、少し前に半ばせせら笑うような形で昔の話が取り上げられていて、何か奇妙な違和感を覚えたのでスルーしていたのだけど、これで色々と納得がいった。


これは時系列的なものに限らないのだけど、今の道徳観念、概念で自分の周辺環境以外の状況を見て判断すると、意図を取り違える可能性があるということ。今の人には非常識に思える事でも、当時はそれが当たり前だったってのは結構ある話。極論として、10年前では常識的だった事が、今では半ば非常識な社会文化ってのもあるはず。

この時間軸、社会領域という物差しの違いによる誤解釈ってのは、往々にしてやらかしがちなので、注意が必要だな。

他方、それが領域を超えて別の場所で行われたら、該当領域でのルールで判断されても仕方がないのもまた事実。自宅でお菓子を食べながら歩いても良いからといって、図書館内で同じようなことをすれば怒られる。それと同じってわけだ。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年2月25日 07:57に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「『統計は ウソをつくぞ』と 嘘をつき」です。

次の記事は「吉野家はベジ牛、すき家はえび塩キャベツ牛丼で野菜攻勢」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31