「つけドーナツ」という選択肢

| コメント(0)


【コンビニドーナツとプラスαと「つけドーナツ」的な何か】で紹介した、「つけドーナツ」という食のスタイル。「漬け」だとお新香になっちゃうよね、ここは「浸け」だけど平仮名で「つけ」の方が分かりやすいかなという内部的葛藤はともかくとして。そもそもそれってどうやるのよ的なツッコミがあったので、自分向けの覚え書きとして画面素材の作成。

用意したのはドーナツとシュークリーム。コンビニのプライベートブランドでは無く、手っ取り早く小売店で広く売られているタイプのものを調達。まぁ中身はほぼ同じだし。

でやり方は極めて簡単。写真にある通り、シュークリームの皮の上の部分を取り払い、中のクリームが見えるようにする。この時、皮を取り過ぎて横からクリームが漏れないように注意。そしてそのクリームに、ドーナツそのものを...ではサイズが合わないので、ざっくりとドーナツを割って、そしてつけていく。

要はシュークリームを「食べられるディップ容器」として使う次第。元々粉系のお菓子とクリームの相性の良さは各種ケーキで知られているところではあるので、何の問題も無く、すこぶる美味しな状態となる。クリームのつけ具合を自分で調整できるのも良い。そしてドーナツを食べ終えたら、「容器」ごとシュークリームそのものもいただける次第。

既存の商品の組合せで、目新しいものは何一つないのだけど、様式としては個人的に気に入っている。ドーナツそのものが今一つだとしても、組み合わせて美味しさを提案するって手法はアリじゃないかな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年2月23日 07:46に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「文化が、軽減税率がと語る前に新聞業界は押し紙問題を解決させておくべきだった」です。

次の記事は「10年ぐらい前の携帯電話のカタログを見て色々と懐かしみを覚える」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30