スタイリッシュ甘味マンこと「さぼリーマン 飴谷甘太朗」が面白いらしい

| コメント(0)

一度以前に紹介したかな、と思ってログ検索をしたら実はツイートしただけでサイトにはまとめて無かったようなので、自分自身の覚え書きも兼ねて。モーニング・ツーで連載中の漫画で、当方はウェブ上の紹介記事&第一話の無料公開を読んで、ああこれは以前の「坂本ですが?」的な雰囲気を多分に感じる、新世代の漫画だなという印象を持っている。ウェブ上の広告は当方はまだ見た事がないのだけど、事前知識が無い上でこれに遭遇したら、確かに興味関心を引くに違いない。しかもこれ、実在する甘味処だったのか。

ストーリーをざっと説明すると、甘味が死ぬほど好きな主人公が、仕事中でも甘味を楽しむためにSEから営業に移動。スタイリッシュな仕事ぶりでしっかりと仕事をこなしつつ(さぼリーマンとあるけど決してさぼってはおらず責務は十分以上に果たしている)、時間を調整してその時間を甘味との甘いひとときに費やすというもの。

しかもその甘味を楽しむときの情景描写が、まるで異世界へのいざないを覚えるような、アンビルーバブルな感じ。そこまで昇天するわけないだろと突っ込みつつも、ああ何となく分かる的な幸福感を共有できる。「孤独のグルメ」の美味しさ表現に関して、そのまま想像している部分を実描写させた感じ。シュールなグルメ漫画的な。


幸いにも一話は現在でも試し読み可能。この一本だけでも今作のイメージは十分につかみ取れる。数少ない「読ませる漫画」として、是非チェックしたい作品ではある。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年2月21日 06:34に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「お客様は神様だろ」「拝む神様はこちらが選びます」」です。

次の記事は「コンビニドーナツとプラスαと「つけドーナツ」的な何か」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31