おもちのノドへの詰まりと高齢者のリスク拡大と「小さく刻めば大丈夫、ではない」実情と

| コメント(0)


正月になると毎年一定数が発生する、とりわけ高齢者に多い、のどへのお餅の詰まりによる窒息事案。本家サイトでも【東京消防庁、高齢者などのお餅(もち)窒息事故に対し注意喚起(2015年)(最新)】にあるように東京消防庁の広報資料を基に情報をアップデートしたり、以前は【「こんにゃくゼリーの窒息、重症率85%」は本当か、適切な表現なのか】の通りこんにゃくゼリー絡みで精査したこともあって、上記の引用内容については興味深い話だなあ、というのが第一印象。特に、細かく切り刻んでも中で固まってしまうってのは、まさに「その発想は無かったわ」的な。

ただ、これってどこまで裏付けが取れているのか、専門家や公的機関による説明があるのか、ちょっと調べる必要がある。


......ということで探りを入れたところ確認できたのが、3年前に消費者庁が公知した、高齢者の餅による窒息事故に関する注意喚起。単なるデータの開示や注意事項の列挙に留まらず、専門家の知見まで用意されている。これは非常に役に立つ。

先に引用したツイートのイラストは、ぶっちゃけるとオーバーに過ぎる部分があるかもしれない。ただ、体内に入ると温度が下がるのでくっつきやすくなり、細かく刻んでも再結合してしまうってのは、目から鱗。それじゃ刻んだだけでは何の意味も無い。

ってことで、「朝は最初から餅は食わない」「小さくするだけでなく良くかんで、水分を十分取りながら」「飲み込んでから次の一口を」などの注意事項は要チェック。というよりは、消費者庁のリリースは全文を一読する必要があるな、これ。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年1月26日 08:00に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「女性自身」が猫の雑誌を出した。その名も「ねこ自身」」です。

次の記事は「セブン-イレブンからもパンツみたいな節分パンが出るぞ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31