「女性自身」が猫の雑誌を出した。その名も「ねこ自身」

| コメント(0)
ねこを愛したい&ねこに愛されたい!そんなあなたへ「モフッ! 」とお届け


世は、空前の「ねこブーム」。そんな中、雑誌「女性自身」編集部のねこ大好きスタッフが集まり、「ねこへのあふれる愛情を1冊にしたい! 」と、あるプロジェクトが動き出しました。それが『ねこ自身』です。


先日資料を探している際に目に留まった、ねこ雑誌。一瞬、同人誌か個人出版の雑誌が混じっているかと思ったけれど、電子出版ならともかく紙媒体でその系統のがアマゾンで売られているはずも無く......と再確認したら、なんと「女性自身」自身が出版しているという。なにそれステキ。

デザインも「女性自身」そのものを踏襲しているし、普段コンビニの雑誌コーナーで見かけている人も「え?」とびっくりすること間違いなし。まぁ、猫はブームじゃなくてトレンドでも無く、恒久的な愛されようであるのだけどね。

関連雑誌を探してみたところ、似たような女性向け情報誌もほぼ同じタイミングでねこ特集号的な特別誌を刊行している。いったい何があったのか。キャットマーケティングが雑誌界隈にもやってきたのだろうか。

もっとも「アンアン」は「にゃんにゃん」にはならず、「クロワッサン」は「クロにゃっさん」にもならない。その点ではやはり「ねこ自身」が群を抜いているかな、という感はある。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年1月26日 07:44に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「モスライスバーガー「焼肉」が定番商品として登場」です。

次の記事は「おもちのノドへの詰まりと高齢者のリスク拡大と「小さく刻めば大丈夫、ではない」実情と」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31