再び銀行口座の確認をよそおったスパムメール着信、でもその口座持ってないし

| コメント(0)


先日自分のメールアドレス宛に着信したメール。スパムフィルタでゴミ箱にも入っておらず、セキュリティソフトの自動チェック機能による警告タグもついていなかったので、一瞬だけどきっとしたけれど、当方はりそな銀行の口座を持っていないので、スパムだとほどなく判定。まぁ、元々HTMLメールは読めないようにして、上のようにタグがそのまま見えるようにしているので、すぐに偽装のスパムメールだってのは分かるのだけど。送信元も偽装しているようだけどね。

リンクをWhoisで確認すると、やはりというかまたもやというか、中国のドメイン。人口比率から考えれば仕方のない話ととらえる人もいるだろうけど、あまりにも中国経由のが多すぎる。いっそのこと中国経由のメールは全部問答無用ではじくようにするオプションが無いものかとすら思う次第(大容量のビジネス向けのパンフPDFを突然個人向けに送りつけるのもしばしばあるしねえ。LEDとか)。


りそな銀行デモ同日付で注意喚起をしてるし、他にも色々と類似事案はあるようだ。まぁ、ソーシャルメディアでも似たような話は多分にあるのだけど、この類のノイズが多いので、電子メールは使われにくくなってきているってのもあるんだろうな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年1月26日 06:30に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「情報源を隠すことの大切さと、一次ソースを読み手が確認できるか否かの大切さ」です。

次の記事は「紙媒体販売実績が過去最大の落ち込みに、という話」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31