「汚物は消毒だ」のモヒカンが善人だったら

| コメント(0)


恐らくは過去に何千回も使われているであろうネタには違いないけれど、発作的につながりが生じ他の手覚え書きとして。いや、覚え書きをして何か良いことがあるとは思えないのだけど。

元ネタは「北斗の拳」に登場するサウザーの部下、名前は特にないモヒカンのセリフ。火炎放射器を持ち、邪魔する市民を汚物扱いして「焼却」し「消毒」、このセリフを吐いた次第。その直後にケンシロウに同じような事を言われて、火炎放射器を奪われてモヒカン自身も同じ目にあっている。


まぁ、あまりにもインパクトが強いキャラなので、彼に善人的行動をさせると、そのギャップがネタ的に面白くなる素材ってのも良くわかる。


似たような語呂の言葉を合わせて善意行動を作るってのは案外難しい。ただ、これらの話って、オリジナルが登場した当時はともかく、今では「イチゴ味」で平気に登場しそうな感じなんで、創作ギャグとオリジナルギャグの仕切り分けが難しくなっているのも否めない。それはそれで面白い話ではあるのだけどね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年1月23日 07:24に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「クイニーアマン(ローソンのドーナツ)試食」です。

次の記事は「「自分は病気なので手を出すな、行動を邪魔するな」という反社会的行為は、その病気で苦しんでいる人を大いに苦しめる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31