「近所で道路に穴が開いてる」写メでお役所に通報するアプリと、修繕された時の満足感はイングレスのようだ

| コメント(0)


街中にあふれる様々なインフラのトラブル。その実情を写メに撮って送ると、その内容を役所側が精査。状況を判断して公的対応を行う。ちょっと未来感のあるシステム「パッ!撮るん。」が相模原市にあるという。実際に気が付いて写真を撮り、後に再び足を運んだ時に修繕されていた時に、じわりと実感が沸いてくるってのは非常に良くわかる。

単なる電話やメールによる通報よりも、状況を容易に精査出来るのが役所側でも重宝してるのだろうなあ、という感はある。そしてお知らせした側も達成感が得られるのはポイントが高い。そう、まるでイングレスのような「リアルとネットの融合」でリアルを動かした充実感。


内部的な仕組みは多分に企業......というか行政側の機密部分もあるのだろうけど(何しろ手順を暴露してしまうと、それを悪用する人が出てくる)、インフラのパトロールを一般の人にしてもらう構図となっているのは、確かに合理的ではある。そしてパトロールをした側も達成感や便宜性・安全性の向上というメリットが得られる。

運用のための新規リソースは必要になるけれど、足し引きで考えれば随分と合理化、効率化が図れる、ステキナイスな仕組みには違いない。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年1月22日 07:25に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「JR東と海洋堂が手を組んでガチャ玩具で新しいお土産を創生するようです」です。

次の記事は「ツイッターの投票機能が1日限定ではなく、7日まで期間を自在に設定できるようになった」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30