ツイッターの投票機能が1日限定ではなく、7日まで期間を自在に設定できるようになった

| コメント(0)
 Twitterが2015年10月に実装したアンケート(投票)機能で、回答期間が最短5分から最長7日間まで変更可能になった。

先日実装が行われ、さらに選択肢も4つにまで増えた、ツイッターのツイートにおける投票機能。今回の改定は、投票期間がこれまで1日限定だったものが、投票作成時に自在に変更できるようになった点。日、時間、分で数字を選択でき、最長7日までの投票を作成できる。見た目は7日23時間59分までできそうだけど、日数を7日で選ぶと時間や分は選択できなくなる。まぁ、すべての曜日を包括した一週間ってことなんだろう。


フォロワーさんが多い人や何らかの理由で短時間の投票が必要な場合は1日より短くしてもいいし、上記のようにすべての曜日の動向を集約させたい場合は一週間まるごと使ってもよい。例えば金曜の夜にスタートして土日までとか、朝一で始めて夕方までとか、色々と工夫はできそうで、便宜性が高まったことに違いは無い。

特にクリエイター系の人には良いツールになるだろう。あとは...そうだな、1枚だけでも画像添付ができるようになると最強だよね。「この絵を見て何を想いますか」的なことが出来るのだよね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年1月22日 07:43に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「近所で道路に穴が開いてる」写メでお役所に通報するアプリと、修繕された時の満足感はイングレスのようだ」です。

次の記事は「「容易にばれるウソ」で分かる「相手が自分をどう見ているか」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31