茨城県の特産にスポットを当てたガチャアイテムがステキすぎて全種類そろえたい

| コメント(0)
JR東日本水戸支社では、2016年1月~3月の茨城県観光キャンペーン「気になるイバラキ」の開催に合わせ、㈱JR 東日本リテールネットと、茨城の名物をフィギュアにしてカプセルに詰め込んだ「茨城フィギュアみやげ」を企画しました。


精巧に表現された見ごたえのあるフィギュアは、駅構内に設置されるカプセル自販機のほか、NewDays などエキナカのコンビニや、県内の観光施設等でもお買い求めいただけます。新たな茨城のお土産として、旅の記念や親しい方へのお土産に、是非ご利用下さい。


地域のお土産というと現地の郷土料理や工芸品、さらにはキティちゃんなどのコラボアイテムが頭に浮かぶけれど、最近では地域振興も兼ねて多様な取り組みが行われている。その一つが、今件のようなフィギュアの提供。海洋堂が旗振りしているもので、「この場所でのみ販売」のステキナイスなガチャ玩具を展開し、現地の魅力を底上げするとともに、内容も現地の実情に合わせたものとして、思い出深いお土産を演出することになる。

うせものでは無いけれど単価は安いしレア度は高い。飾っておかれる可能性は高く、現地のアピールも存分にできる。そしてもらった方も超嬉しい。みんなハッピー。

ラインアップは全部で7種類。確かにどれもこれも茨城に連動するものではあるのだけど、あまりにも特徴がありすぎて、魅力がはちきれゲージを振り切りそうな感じ。普通こんなものはフィギュア化しないだろう、的なものまであり、それが逆にレア度を高めている。ジャンルも多彩で、色々な方面のファンを引き付けそう。

「茨城及び東京・埼玉・神奈川・千葉県内のJR主要駅、茨城県内の観光施設等での発売」とあるけれど、見かける機会はあるのかなあ。遭遇できたら是非とも何度かチャレンジしてみたい。ガルパンのはもちろんだけど、水戸黄門のとかムコナ君のとか、コレクションに加えたいよね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年1月19日 06:54に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「日清食品のカップライス新作は「出前一丁 出前坊やのまかないチャーハン」」です。

次の記事は「ラピュタの「バルス」と同時にツイートされていたもの」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31