日清食品のカップライス新作は「出前一丁 出前坊やのまかないチャーハン」

| コメント(0)
あの大人気のチャーハンが帰ってくる! 「出前一丁 出前坊やのまかないチャーハン」 を2016年2月1日(月)に新発売


昨年2月に発売した「出前一丁 出前坊やのまかないチャーハン」は、おなじみの「出前一丁」のおいしさを即席カップライスで手軽にお楽しみいただける商品として、大変ご好評をいただきました。今回、具材に炒りごまを加え、1食でごま約1000粒分のセサミン*(10mg) が入った「出前坊やのまかないチャーハン」として新発売します。


日清のカップライスはそのステキナイスなスタイルがかなりお気に入り。少し前のアメリカ映画に出てくる、警官がよく食べている謎の箱飯みたいな感じで、ご飯にちょっとした惣菜が加わっていればもう最強なのになあと思っていたりする。あるいは賞味期限が1年超になれば、立派過ぎる非常食としてまとめ買いできるのに(防災用としてだけでなく、体調不良で食事が作れないし外出もできない時の「非常食」)。

そのカップライスの新作は、出前一丁のまかない飯との設定による、出前一丁の味わいをベースにしたチャーハン的一品。それだけでももう合格点なのに、今回はいりごまを加えることで風味をプラスしたという。ああ、その組み合わせ方はありなのか。

ぶっちゃけるとカップ系食品は健康志向とは別のベクトルの食品ではあるのだけど、それでもなお、健康の方を向いていたい気持ちは分かる。ごまを加えて健康度アップ的な切り口は安直かもしれないけど、好感触には違いない。そしてなにより「もっと美味しいものを」との想いはステキ。ごま、大好きだもの。

目に留める機会があれば、一度チャレンジしてみてもいいなあ、これ。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年1月19日 06:44に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「米国の過半数は「今のテロ対策は甘い」と思っている」です。

次の記事は「茨城県の特産にスポットを当てたガチャアイテムがステキすぎて全種類そろえたい」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31