ホワイトボード上の文字や図をベクトルデータ化してペンで再生筆記させる夢のような技術

| コメント(0)


ビジネス用のホワイトボードでは、書かれている内容をそのままデジタル画像データとしてパソコンなどに取りこんだり、それをプリントアウトする技術はすでに確立されており、市販品も数多く存在する。便利なんだけど、やっぱりちょっとお高め。

で、ドットレベルでの落とし込み化ができるのならば、ベクトルデータ化も可能では......という発想なのか否かは分からないけれど、ホワイトボードから文字と絵を認識した上で、それらをベクトルデータ化して、ペンを装着したプロッターに描かせる仕組みを作ったというもの。何だか意味があるのか無いのか、物凄い技術な感じもするけどそれ以前の問題で超面白未来技術的な感じで、とてもステキ。

よく考えてみれば、これ、ホワイトボード部分は普通のホワイトボードで済む。普通に書かれてあるものをデジカメで撮影し、そのデータを解析してプロッター向けに置換すれば、どのようなホワイトボードにも移行・再現が可能。あ、これスゴイわ。


解像度の問題とか、曲線の多い絵の再現の仕方とか、まだ問題は少なからずある気がするけれど、そもそも板書するものの類はそれほど細かい文字や込みいった図を描くわけではないので、実用レベルではほとんど問題は無い気がする。

......これ、さらに発想を一歩進めて、リアルタイムで取り込み、転送描きこみさせたら面白いことになるのかもなあ。ってそれは単にビデオで中継させればよいだけの話か(笑)。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年1月 4日 07:21に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「スマホ普及の今、読者が気軽に作者に感想を送れる仕組みはこれだ」です。

次の記事は「カンガルーみたいな袋を持つパーカーで愛猫も飼い主もハッピー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31