すき家の「全店深夜営業再開」は延期へ

| コメント(0)
牛丼チェーン「すき家」を展開するゼンショーホールディングスは25日、9月末をめざしていた、すき家全店での深夜営業の再開を断念すると明らかにした。人手不足などで2割にあたる約400店が深夜営業を停止中。今後は、期限を設けずに全店再開をめざすという。

昨年の牛丼業界のドタバタの軸の一つである、すき家のワンオペ・深夜営業問題。結局、人員を十分に確保してワンオペから脱した段階で、深夜営業の全店舗での再開を目指していたのだけど、その目標が6月末から9月末に伸び、そして今回の「期間を設けず」に変更。法的用語では「遅滞なく」的な意味で、内心としては「まぁ、目指すけれどいつになるか分からんね」的なニュアンスと受け取ってよいかな。

今件に関して詳しい公式リリースは無く、記者会見での言及のようで、報道記事から実情をたどるしかないけれど、それによると、今でも400店舗ほどが人材が手配できずに深夜営業を止めている。で、費用対効果でそろばん勘定をすれば、さらに24時間営業の店を増やしていくよりは、既存の店でサービス向上に励んだ方が、採算面で割りが良いと判断した上での決定とのこと。まぁ、夜間の人材確保となるとコストが跳ね上がるんで、その選択は正しいのだろうね。

そもそもコンビニが24時間営業をするようになって、牛丼チェーン店の深夜営業の必要性は随分と落ち込んでしまっている。「夜に牛丼食べたいなあ」という需要も当然あるだろうけどさ。いっそのことすき家は大手コンビニと手を組んで、「すき家の牛丼弁当」を常用メニューとして展開した方が(内部でマージンを取る形で)、中長期的にはプラスになるような気がする。ブランド力もアップするし、集客にもなる。

恐らくすき家の全店深夜営業化は無いんじゃないかな、そんな気がする。今の状態が、少なくとも現状の需給関係ではベストなのではないかな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2015年9月26日 06:59に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「入院患者の2/3が病院に満足しているという話」です。

次の記事は「防衛装備庁技術シンポジウム2015の告知を確認、したけれど......」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31