ももなの? すももなの?? 美味しそうだからどちらでもイイや(待て)な「い・ろ・は・す もも」

| コメント(0)
「い・ろ・は・す もも」は、おいしい日本の天然水に、幅広い年代に人気の果物もものエキスを加えたフレーバーウォーターです。ももエキスには、生産量が全国で1位を誇る山梨県産のももを使用しています。山梨県産ももは山梨県が推奨するやまなしブランドのひとつで、濃縮した甘みや芳醇な味と香りが特長です。「い・ろ・は・す もも」は、山梨県産のももをそのまま食べているような味わいがお楽しみいただける製品です。仕事や勉強の合間、家でくつろいでいる時など、リラックスしたシーンで味わっていただきたいと考えています。

ミネラルウォーターそのものでもいいんだけど、なんかそれでは物足りない。でもジュースなどは糖分とかが気になるし、ちょっと重たいんだよね......ってことで、「水よりちょっと味があり、水のように飲める」飲料水が静かに浸透している。よく考えてみれば麦茶とか緑茶などのお茶もそうだよね。先日何かと話題に登ったレモンジーナとかヨーグリーナが良い例かな。味覚の観点で考えると、面白い商品の展開傾向だなと思う。

で、い・ろ・は・すシリーズもそんな感じの飲料水でこれまでにみかんやりんご、とまと(!)などが登場している。今回新たにラインナップとして加わるのは桃。

......なんだけど、他のシリーズ同様に平仮名で「もも」と書くものだから、少々ややこしい話に。「い・ろ・は・す」と「もも」との間にはスペースがあるんだけど、ぱっと見でその部分を吹っ飛ばして認識してしまい「すもも」と読めてしまう事も。ツイッターのトレンドで「いろはすもも」と出てて、「すももかよ」と思った人は当方だけではあるまい。

まぁ、万が一「すもも」だったとしても、それはそれで「い・ろ・は・す」としては美味しいものになりそうだ。今後本当に「すもも」味が出たら、やっぱり「い・ろ・は・す すもも」になるから、色々とややこしいことになりそうな気がするけどね(笑)。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2015年8月26日 06:41に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ダイドーコーヒーのオマケでナムコのゲームのプレートチェーンが出るぞ」です。

次の記事は「NASA曰く「2015年9月15日から28日に地球へ小惑星群が突入するって噂あるけど、あれ科学的根拠皆無だから」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30