パウチ系ゼリー飲料は複数を冷蔵庫に常に実装しておくことをお薦めする

| コメント(0)


これは前にも触れたことがあるかな。直前の「森永製菓の夏コミ映像」でも紹介されている、パウチ系ゼリー飲料の件。今やドラッグストアやスーパー、コンビニで誰もが気軽に入手できる食品の一つではあるんだけど、これ、介護用や療養食品と同じような様式なんで、非常に食べやすいのが特徴の一つ。種類にもよるけれど、相応の栄養素は含まれているし、何より食べ心地が良い。モチベーションが低い時にも口に含めることができるし、錠剤のビタミン剤などをはじめとしたタブレットと比べて精神的な拒否感も無い。未来の食事としてチューブ系の練りモノが出てくる表現もあるけれど、感覚的にはまさにあれに近い。

これを常に冷蔵庫に数個用意しておくことで、何か心身的なトラブルが起きて、食事ものどを通らなくなった時には、これを飲用することで、最低限の対応はできる。保険的な役割を果たす備蓄食品と思えばいいのかな。


プリンやゼリー、ヨーグルトなどものど越しは良いし、食べる時の抵抗感も少ないので、この類のアイテムとしては優れている。けれど、ちょっと日持ちがしないのが困り者。アイスクリームなら別格ではあるけれど、冷凍庫の場所を結構取るし、あまりにもポイントが高くて在庫があればすぐに食べてしまう(笑)。さらに冷えものなので胃腸にはマイナスとなる可能性も。

肉体的に何も問題は無くとも、精神的にアレがナニになり、固形物を受け付けなくなった時にも、パウチ系ゼリー飲料は頼りになる。知識として覚えておくだけでも、いざという時に絶対役立つ。まあ最近ではネットスーパーを使う手もあるけれど、それすら出来なくなる場合も否定しない。

問題なのは賞味期限の件。この類の商品って3か月から半年ぐらいしか持たないのだよね。せめて1年位日持ちしてくれるとありがたいのだけど。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2015年8月 8日 06:29に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「森永製菓の夏コミガイドライン動画がすこぶるステキらしい」です。

次の記事は「トミカの新作は通なアイテム勢揃い。今度はコンバインなどが登場」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31