吉野家の麦とろ御膳が300万食突破

| コメント(0)
株式会社吉野家(本社:東京都北区、以下吉野家)は、先月7月27日(月)より全国の「吉野家」店舗にて発売しております「麦とろ牛皿御膳」「麦とろ鰻皿御膳」が8月26日(水)時点で、300万食を突破いたしました。これもひとえにお客様のおかげと、心より感謝申し上げます。

「麦とろ牛皿御膳」は、5月に発売した「ベジ丼」、6月発売の「豆腐ぶっかけ飯」「鶏そぼろ飯」に続く、健康商品第3弾として開発されました。


先日本家サイトで【新御膳は麦とろ・吉野家の健康志向食品第三弾は「麦とろ牛皿御膳」】にて紹介した、吉野家の健康志向メニュー第三弾となる麦とろ御膳シリーズが300万食突破との報道。発売からほぼ一か月で300万食だから、大よそ1日10万食。吉野家の店舗数が1200店足らずだから、1日1店舗あたり80食強売れたことになる。結構な売れ筋と見るべきかな?

健康志向もそうなんだけど、むしろ今御膳は1ステップ上の価格帯的存在としても注目を集めている。外食産業の二極化進行に伴い、牛丼チェーン店が廉価領域から抜け出そうとしている動きの一環という次第。その意味でも、麦とろ御膳の成功はプラス材料と見て良いんだろうな。

ただ、「麦とろ鰻皿御膳」はちょっと、ね。鰻に関してはもういいんじゃないかなというのが個人的な感想。むしろ今後は麦とろベジ御膳とかにチャレンジしてほしいな。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2015年8月28日 06:52に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「マクドナルドの新商品「月見バーガー」や「もちもちチーズボール」の原料原産国が公開」です。

次の記事は「使う場所が限定されそうだけど面白い・風船カツラな「ドデカヘッド」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30