「昔から夏は暑かった、だから我慢しろ」的な意見と、人生のアップデートの大切さ

| コメント(0)


夏の暑さが身に応える時期になるし、良く耳にする意見の一つに「昔から夏は暑かった。暑くて当然。昔だって我慢したのだから我慢しろ」的な話。しかし実際には「むかし」と比べて今は温度そのものが上昇しているので、同列の比較は出来ない。特に都市圏では温度の上昇が顕著であり、同時に暑い云々ってのは都市部で良く語られる話であることから、「昔の温度と同じじゃないのだから、無茶言うな」的なツッコミが入ることになる。


服装の件にしても礼儀の観点が前面に押し出されてしまうのだろうけど、それで体調を崩したり、さらに倒れてしまうのでは元も子もない。環境などの諸条件が違ってきているのに同じルールを適用させては......と考えてしまう。「ルールが変わったことを教えてやれ」ではないけれど、アップデートは必要なのだろうな、と再確認させられる。

「自分はかつて自分で稼いでいた、だから今の学生もかくたるべし」という大学の学費とアルバイトの件といい、「昔はエアコンなどなかった。だから入れるのは贅沢」という意見の学校への冷房の件といい(予算の都合で耐震強度補強の方を優先すべきってのは話は別)、徴兵制云々の話といい、どうも一世代前、前世紀の常識をそのまま引きずって足を引っ張る事例が増えてきた感じがする。経験則は大切だけれど、変化する環境に応じた再精査をしなければ、何の意味もないんだよね。WindowsならぬLife Updateは自動更新をお勧めします、みたいな。


熱中症とは少々話を違えるけれど、先日ちょいと話題に登った少年犯罪の凶悪化が云々ってのも、結局この「Life Update」が上手くできていない人による話なのかもしれない。昔はそれが日常茶飯事的に起きていたから、特異情報として伝えられることはあまりなく、印象に残らない。しかも経年で忘れてしまう。


まぁ、指摘の通り、アップデートの際に差分ファイルの指定を間違えるとエラいことになるので、注意するにこしたことはない。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2015年7月14日 07:35に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「相次ぐ真夏日・猛暑日、暑さは明日水曜まで続く。熱中症対策は欠かさずに」です。

次の記事は「高齢者の熱中症と「暑さを感じにくい」と室内での発症・救急搬送者の経年調査データと」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年1月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31