プラレールとの規格共有という発想のアニアな「アニマルトレイン」

| コメント(0)


話はちょっと前後してしまうのだけど、先の【ハッピーセット「アニア」の「シロクマのこども」「シカのこども」取得】からのアニアつながりで。手のひらサイズで1ポイントのギミックがついた動物フィギュア「アニア」のシリーズで、列車型の動物フィギュア「アニマルトレイン」なるものが発売されることが決まった。貨車に「アニア」の単品フィギュアや「トミカ」などをのせて手ころがしで遊べる列車型の玩具で、要はプラレールの列車を動物型にしたもの。似たような発想で海外のアニメなどをテーマにしたプラレールが出ているけれど、それのアニア版って感じ。

オリジナルのアニア同様にギミックがちゃんと実装されているのもポイントが高い。さらにプラレールと仕様が統一されているので、従来のプラレールのアイテムをそのまま使用できる(クロスやポイントは使えないみたいだな)。

この類の造形は色々と応用が利くし、子供だけでなく大人も楽しめるのが嬉しいところ。プラレール規格なので必要以上に造形に凝る必要は無く、「それらしさ」をみせれば良いのだから、作り手側もアイディアにより一層リソースを割けることができるはず。今後どのような動物にスポットライトが当てられるのか、ちょっと楽しみでもある。ゴマアザラシとかペンギンとかは確実に出てきそうだな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2015年4月25日 08:25に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「従来型携帯電話が生産を終了するとの報道でがや......がや......としてみる」です。

次の記事は「首相官邸屋上のドローンと法規制の話、そして「ロボット新戦略」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31