情報とか保険とかセキュリティって形に見えないから対価の必要性を覚えない人がいるんだよね

| コメント(0)


理由は不明で恐らくは歴史的な背景があるように思えるのだけど、他国と比べても日本人は特に形にあるもの、権威に対する異様なまでの隷従感と、それに対する形で形の無いもの、情報には軽視する傾向が強い。情報そのものの価値、そしてそれを守るために欠かせないセキュリティに、どこまでの必要性を見出し、リソースを配分するかという話で、この認識を再確認させられる。

そりゃ確かにリソース大量にぶち込んでそれが効果を発揮しても、得をすることは無い。損をしなかっただけなので、はたから見れば金食い虫に見えるかもしれないけど。それって結局保険とか防犯とかと同じなんだよね。お金がもったいないからといって、玄関の鍵を実装しないままにする? エアバッグの調子が悪くても「使うような状況にならなければ修理費の無駄」ってことで放置する? しないよね。

これが企業ベースとなると、その必要性、重要性が認識しにくくなる。金額のケタが違ってくるし、意思決定の立場にある人は、そのリスクを理解できていない場合が多分にあるから。

今件の話は特定番組内で語られた限りのものではなく、結構幅広い認識としての共通する現状ではないかなあ、という感はある。


数週間前に、こんなツイートがちょいとばかり話題に登った。まさに今件の実情を反映しているような内容で、複雑な想いが沸き上がる。慎重になりすぎて安全対策に過度なリソースを費やして、身動きが取れなくなっては身もふたもないけれど(保健周りのジョークでは、自分の将来が心配で多様な保険に入り、保険料の支払いで生活が出来なくなり、栄養失調から入院してしまい保険が適用されるってのもある)、情報の安全のためのコストってのを、もう少し認識するようにしてほしいなあ、というのがホンネではある。

あるいはアレかな。いわゆるインフラ軽視、目に見えないものはすべて空から無料で降ってくるっていう幻想の中に、情報セキュリティも含まれているのかもね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2015年4月 5日 06:57に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「デパートの「子供の遊び場」と親の事情」です。

次の記事は「ルンバがお寺を掃除する時代、こんな未来はすでに実在していた」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31