お試し、ダイジェストの紹介による誘因はいいけれど、その完成版が手に入らないと分かった時の絶望感とは

| コメント(0)


試食品や試供品のように、元々お試し版なりダイジェスト版を広範囲に展開させてその商品やサービスに興味関心をいだかせ、本商品の認知度を高めて購入を促す、呼び水的な商法はごく普通に行われている。インターネットの普及で断片的な情報配信のハードルが無茶苦茶下がったこともあり、デジタルコンテンツの点ではさらにその呼び水手法が活発になった。先日言及した電子書籍の超割引セールやゼロ円セールもその類と考えれば理解はできる。また、漫画家先生などが発売日などに合わせて、その作品のダイジェスト版やイメージカットをネット上に流すのも、その類かな。

ところが同人誌でも商業誌でも、何らかの機会でその一部分、ダイジェスト版のようなものを手に取る、目に触れる機会を得て、「ああ、これはいいな、全部を読んでみたいな」という気持ちにさせられ、見事呼び水に誘われた状態になっても、その本編が存在しない、手に入らないなんてことがあると、悶絶状態に陥る。いわゆる消化不良的な絶望感。連載時に読んでいた漫画の単行本をようやく見つけたと思ったら、最後の巻だけ出ていなかったとか、何処に行っても在庫が無い、みたいな感じ。

インターネットで展開されるお試し版的なものは、特にその傾向が強い。今件はそのパターンで、公式リツイートで「お?」というものがあり、それをたどって当人のpixivを見てみたところ同人誌のダイジェストを確認。それを読み通して「これは全編を読みたい」と思ってよく見直したら「再販はしない。在庫も切れている。せっかくだからダイジェストを掲載するね」的な説明があり、全編はもう読むことが出来ないと知ってしまった次第。オークションサイトも含めて色々と手を尽くしたけれど、結局見つからず。


最初のツイートがやたらとリツイートされるので色々とチェックをしてみたら、激しく同意的な人が結構多かったようで、色々と複雑な気分。当方の今件の場合も、数日もすれば恐らくは記憶の奥底のジャンク情報の一つになってしまうのだろうけれど、同時に「あの作品の全編を、話のすべてを読み通して堪能することはできなかった」という記憶、経歴はずっと残る。ほんの小さなものかもしれないけれど、自分のどこかにぽっかりと穴が開いてしまうようで、何となく口惜しい限りではある。

インターネットの普及でデータの蓄積、半ば放置的なものが当たり前になると、こんな事例も増えて来るんだろうな......お試し版などがずっと残ってて、本編のような存在はどこにもないという、存在の形跡のみがその姿を残していく、みたいな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2015年2月27日 06:35に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「品薄商法」は確かに実在するんだろうけど、需給問題で一時販売休止の話が出るたびにそれを騒ぎ立てるのはなんでだろう」です。

次の記事は「「ピッチ」ってなんだろう? という会話に世代間のハードルを覚える」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30