「相手の承諾なし」「事実と異なる」「名前を間違える」「直接取材をしていない」問題番組のストレートフラッシュ

| コメント(0)


2つ目の引用元は番組の公式ページから。取材系のバラエティ番組なのだから、それなりに経験があるはずなのに、どこをどうすればこれだけの問題点が1つの放送で盛り込まれるのだろうかという位の、まさにオンパレード状態な感じ。

相手の承諾なしに影響力のあるメディアで利用する、実際には良い結果に終わっていたにも関わらずマイナスのイメージを抱かせるような内容を描く、相手の固有名詞を間違える、さらには直接の取材を一切していない。色々な前提やら舞台設定が根底から崩れ、まさにフィクションをノンフィクションとして語ったかのような、山師的な状態。

理由については一切触れていないのだろうけど、制作プロダクションの技術の低下か、スケジュールや予算の関係なのか、その辺りの雰囲気はある。そしてここまでずらりと不正の山が盛り込まれているところを見ると、今回だけに限った話では無い気がする。

いや、元々エンタメ番組なのだからフィクションが混じるってことそのものはいいんだ、それはそれで。アニメに過度のリアリティを求めるのは野暮ってのと同じ。ただそれをノンフィクションのように語り、さらに対象へマイナスの影響を与えるような内容を、多大な影響力のあるメディアで繰り広げるってのは、正気の沙汰では無い気がする。

...んー。制作プロダクションレベルの問題なんだろうか。放送局側でチェック、精査はしていないんだろうか。その辺りも気になるな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2015年2月 6日 07:37に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ダマシすかしでクリックさせて乗っ取るアプリや「お気に入り」で興味関心を引かせて......悪徳商法のネタは尽きることなし」です。

次の記事は「中東事案と「国」の表現と、もっと分かりやすい例え方と」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30