子供の泣く様子を写メる母親、その行動が示す真意とは?!

| コメント(0)


YouTubeなどの動画投稿サイトや、ソーシャルメディアへの画像投稿がごく当たり前のものとなり、ネタ的なものをアップロードしてウケを得るという「注目されたい症候群」的な行動が問題視されている。報道でも「撮ってる暇があったら助けろよ」的な問題が提起されることがあるけれど、それに近いモノ。子供が泣き叫んでいる様子をただただカメラに捕えるだけで、何も手助けしない保護者。映像としては良い作品かもしれないけれど、保護者の立場としてはどうなのよ、的な......って書いていて気が付いたけど、このパターン、昔から「読者ビデオ投稿」の番組とかであったので、結局それが普及した、ハードルが低くなっただけの話か。

で、今件もその類の「問題視される保護者」の話かなあ、と思っていたら。

投稿がどうとかいうものでは無く、子供のしつけのためでした、という話。しかも見せる相手を「子供のお嫁さん」と明確に認識させ、今自分が行っている行動が恥ずかしいものであること、他人に見せたくない所業であること、その上、止めることが自分自身にプラスとなることを分からせている。

これが単に「ようつべに投稿しちゃうよ」とか「お父さんに見せてしかってもらうからね」だったら、単なる「保護者の問題活動」としてツッコミが入っていたかもしれない。子供の将来のお嫁さんに見せると指摘し、子供自身に自分が今していることが良い行動か否か、恥ずかしい行動なのか否かを判断させている。この巧みさにはちょいとばかり感銘を受けた。

まぁ、子供自身がある程度おませでないと、効果はないかもしれないけど。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2015年2月 5日 07:56に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「中東問題に限らない...朝日新聞の次はテレビ朝日か、というここ数日のお話」です。

次の記事は「アマゾンで購入後に出てくる「もっと買え」的なお話ページで......」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30