ここ数日で「からあげ」に新たな世界が開けた感じ

| コメント(0)


先日【から揚げで爆炎を簡単に作る方法】で紹介した、唐揚げを画材として用いて煙っぽいもくもく感を出すという手法。作り方が簡単で、コントラストを上げて明るさを下げるだけなので、さくっと出来るのがポイント。

で、今件では単に爆炎としてだけでなく、サンゴ礁的な海底や、さらには入道雲まで唐揚げで作り上げてしまったというもの。この場合色の調整とかが必要になるのでコントラストと明るさの調整だけで済むわけではないのだけれど、確かにあのからあげのもくもくとした独特の質感は、色々と応用が出来そう......ってこれよく見ると左奥手の島も唐揚げか。


ここまで来たらもうアートの世界。ちゃんとニワトリがいるのもステキ。「からあげアート」と命名する(待て)。ワールドワイドに展開すら出来そうな気がするな、このビッグウェーブ。


元々唐揚げは赤系統色なので、コントラストを強めると爆炎っぽい赤色になるけれど(というか溶岩っぽいな)、ブロッコリーは基本が緑なので、そのままでは何の変哲もないブロッコリーのままとなってしまう。赤色に切り替えた上でやってみたけれど、なんだか月面基地みたい。コロッケは形次第でからあげ効果が期待できる。からあげよりも形が整った感じの煙かな。

映画などでの効果音を、まったく別の素材で発生させた音で代替させる方法があるけれど、それのビジュアル版みたいな感じで面白い。あと数日もあれば、さらに発展した世界を観ることができるかもしれない。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2015年2月 3日 07:32に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「東京駅開業100周年記念Suica」の申込件数、すでに169万件超という話」です。

次の記事は「「この鼻血は受け入れられないね」な事案」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30