ATM利用のゆうちょ銀行間の送金手数料ゼロ円は来年9月末まで

| コメント(0)

【ご好評につき、これからも「0円」!~ATMを利用したゆうちょ銀行口座間の送金料金0円を2年間延長いたします~】

↑ ATMを利用したゆうちょ銀行口座間の送金料金0円を2年間延長いたします
↑ ATMを利用したゆうちょ銀行口座間の送金料金0円を2年間延長いたします
株式会社ゆうちょ銀行(東京都千代田区、取締役兼代表執行役社長 井澤 吉幸(「よし」は「土」の下に「口」)、以下「ゆうちょ銀行」)は、2007年10月から実施しているATMを利用した、ゆうちょ銀行口座間の送金料金を0円とするお取扱いを、ご好評につき、さらに2016年9月末まで延長することにいたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。


ATMを利用した、ゆうちょ銀行の総合口座からゆうちょ銀行の総合口座、または振替口座への送金(電信振替)料金を0円といたします。


先日の【クロネコヤマトがクロネコメール便を廃止する件について】で紹介した、クロネコヤマトによるクロネコメール便廃止の件がちょいとした騒ぎになっているのは、多分に同人界隈で利用されているのが原因。それと似たような話として、やはり少額の金銭のやり取りの便利手段として使われている、ゆうちょ銀行の口座間におけるATM利用での送金手数料がゼロ円のサービスが、実は来年9月末で終了するという話。ちょいと耳にして確認したら事実だったので、覚え書きも兼ねて。

事実も何も、公知されたのは昨年の夏だったので、当方がチェックし損ねただけの話ではあるのだけど。あまり話題に登っていないのも事実。まぁ、回数が少ないのならば月5回までは無料のゆうちょダイレクトを使えば良いまでの話なんだけど、窓口での手数料144円ってのは、少額のやりとりの上ではちょっとした痛手には違いない。

終了期間までに再び延期する可能性はゼロとは言えないけれど、終了時期が公知されている以上、それを前提として動いておくのが賢い話。以前の郵便小為替の手数料値上げの時にも結構どたばた感があったけれど、今件もまた来年に入って9月末が近づくに連れて、色々と論議を呼びそうな気がする。

例えばアマゾンポイントのように、金銭そのものと比べると流動性は低いけれど、譲渡する手数料を気にしなくても済む方法へのシフトが進むかもしれないなあ。会計上色々と問題になりそうな気もするけれど。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2015年2月 3日 06:09に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「松屋のハンバーグ」新発売...牛丼屋のハンバーグ定食のハンバーグが一般店舗で発売される時代」です。

次の記事は「アマゾンに一文字加えてママゾンだ・母親からの贈り物だよ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31