セブン-イレブンのドーナツ販促に見る、店舗の独自性戦略

| コメント(0)


昨年に本格展開を開始したセブン-イレブンのドーナツ。結構好評のようで、あちこちのセブンを渡り歩いて何気にチェックしていると、いつも人だかりが出来ている。特にサラリーマンと、子供連れの母親から人気を博しているようだ。

一方で数年前から開始した野菜の直売あたりからその傾向はあったのだけど、本来はフランチャイズで各店舗の独自性を極力薄くし、全国どこでも同じようなサービスを同じような品質でがモットーだったコンビニ、セブンでも、各店舗の力量を発揮させるべく、制限をそれなりにゆるくする傾向が見受けられる。他の某コンビニチェーン店と比べればまだまだ自由度は低いけれど、それでもプロモーションの点では結構頑張ってる気がする。

ドーナツは一般性が高く、またセブン側でも相当力を入れているようで、お店単位の自由裁量の領域もかなり大きなものとなったようだ。【セブン-イレブンのドーナツが結構イケてるような雰囲気】で紹介したチラシも他店舗には無かったので、独自のものだったんだろうな。

今件紹介されている窓貼りの宣伝ポスター......!? の類も、恐らくはお店独自のもの。まぁ説明するまでもなく、エヴァンゲリオンのタイトルをイメージしたもので、フォントがちょと残念かなという気はするけれど、雰囲気なりコピーの創り方が非常に凝っているし、分かる人にはおお、と思わせる。ちゃんと色々と考えて、ドーナツの特性をアピールしているのが興味深い。このままエヴァとのコラボキャンペーンに使えそうな気がしてくるから怖いものがある。

まぁあえて一言加えるのなら、「せめて、コンビニらしく」というところかな(笑) それと「暴食?!」はダメだろ(汗)

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2015年2月27日 07:04に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「ピッチ」ってなんだろう? という会話に世代間のハードルを覚える」です。

次の記事は「お金に余裕があることを実感する瞬間」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31