セブン-イレブンのドーナツが結構イケてるような雰囲気

| コメント(0)
↑ ドーナツの販売をお知らせするちらし
↑ ドーナツの販売をお知らせするちらし


直前の【「ハートの生チョコまん」(セブン-イレブン)試食】にあるように、セブン-イレブンを何件かはしごした際に手に入れたチラシ。そのお店では例のセブンカフェドーナツの導入初日だったようで、こんな感じに気合いを入れて独自(!?)のチラシを作り、店内でボンガボンガ配っていた。内容はといえば先行展開されている他の店舗のドーナツと同じで、特に目新しいところは無いのだけれど、気合いの入れ方が違うってのは分かる。

該当店舗のセブン-イレブンって、あまり大きな規模ではないこともあり、結構無理な筐体の配し方になっていた。下手すると店舗内部とレジ部分の間で視界を遮る部分が多くなって、防犯上問題が生じてしまうのでは、と余計なお世話をしたくなるほど。

一方、売れ行きは非常に堅調。当方が別件でやりとりをした数分の間に、親子連れを含む2組がドーナツを注文していた。その親子連れは子供に「どのドーナツ食べたい?」と聞いて、「これがいいー!」と色々指さすなど、微笑ましい場面も。

要は「セブンのドーナツ」では無く「どこにでもある、目の前に出されたらちょいとつまみたくなるスイーツの一つとしてのドーナツ」という認識で、お客の目には映っているようだ。以前も言及したけれど、中華まんみたいな感覚なのかな。ドーナツならば季節を問わずに展開できるし、オシャレ感もあるので、結構イケそうな感じがする。恐らくそう遠くないうちに、上の年齢層向けに抹茶系のも出てくるんじゃないかな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2015年2月 7日 07:00に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「ハートの生チョコまん」(セブン-イレブン)試食」です。

次の記事は「1キログラムの水ようかん(業務スーパー)試食」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31