止まらぬルーブル安、一時1ドル80ルーブルに

| コメント(0)


先日【これは驚いた、ルーブル安がゴリゴリ進んでいる件について】で伝えたルーブル安の件。相場は概してパニック行動を取りやすい事例に漏れず、ルーブル安が加速化、それと共に国債の利回りが急上昇している。昨日寝る前は1ドル80ルーブルに届くか否かというところではあったんたけど、結局瞬間的にタッチした後、そこを天井として今は幾分戻している。とはいえ、緊迫した状況が続いていることに違いは無い。あまりにもの急変で、ルーブル周りでの買い物ができなくなっているとの話もあちこちから伝えられている。まぁこれは上記にある通り、経済制裁の影響もあるんだけど。

原油価格の下落を受けて、産油国ロシアでは経済状況が悪化するとの見方から中央銀行が政策金利を大幅に引き上げたにもかかわらず通貨ルーブルが売られて暴落し、一部の銀行では外貨への両替を一時的に停止するなど、混乱が広がっています。


こうした状況を受けて、ロシアの一部の銀行では外貨への両替を一時的に停止しているほか、輸入された電化製品などの値上げを懸念して買い占める動きが出るなど混乱が広がっています。ロシア中央銀行のシュベツォフ第1副総裁は、「状況は危機的で、2008年のリーマンショックのような困難な状況になる可能性がある」と述べ、厳しい見通しを示しています。



上昇率ではすでにリーマンを超えたとの指摘もあるほどで、実際各種チャートを見返すと、あのリーマンショックを思い返すのは事実ではある。

一方、国債がどんと上がった件に絡んで、


こんな話もある......そういや消費税率周りで日本の国債が大暴落したりハイパーインフレが到来すると言われてた記憶もあるんだけどな。まぁこの類の話っては予想がつきにくい、そして一気に加速する傾向があるので、ここしばらくは十分な注意が必要。原油価格の動向も合わせて、ね。原油価格に連動するETFの動きを見ておくと楽かも。

そしてこんな話も。


マッコイ爺さんはともかく、本当にこんなことを考えていそうだな。しかもドバイってと、今回の騒動の主役のひとつでもある中東産油国であるわけで。色々と泥臭い話が創作できそうではある(をぃ)。

            

コメントする

            

最近の記事20件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2014年12月17日 07:38に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「投票済証明書を有効活用するにはどうすればいいのだろう」です。

次の記事は「飯がまずくなったり性格が急変したら疑った方が良い事案とは」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31