これは驚いた、ルーブル安がゴリゴリ進んでいる件について

| コメント(0)


野球場のスコアボードではよくある逸話だけど、想定されている数字の領域を超えた状況が発生して、表示が出来なくなる場面を見ると、「ああ、何らかの異様な事態が進展しているのだな」と改めて認識させられる。ロシア在住の方のレポート写真によると、街中の為替レートを示す電光掲示板で、その状況が発生したとのこと。1ポンド(イギリス通貨)あたりのルーブルが100ルーブルを超えてしまい、上手く表示ができなくなってしまったという。本来なら**.**と表示をするはずが、それでは百の桁を表せなくなるので***.*として、小数点第二位の部分の表示を省略してしまったようだ。


分足チャートを見ると介入しているようにも見えるのだけど、それも力尽きてしまっている感はある。同時に円安が進んでいるため、対円チャートではそれほどでもないのだけど、対ドルチヤートではまさに昇竜拳状態。


このような状況になったのは思いっきりざっくりとまとめると「OPECの原油増産によるアメリカのシェールガスとのチキンレースで生じた原油安」「EU諸国のウクライナ問題による対ロ経済制裁」の2要素で、ロシア経済に対する懸念が生じているため。【世界各国の原油生産・輸入・輸出量をグラフ化してみる】にもある通り、ロシアは世界第二位の原油輸出国。その売り上げで思いっきり外貨を稼いで国を富ませている。原油価格が高騰すればするほど国が潤うけれど......というところ。

このような状況が続くと、来年は結構世界情勢も色々と騒がしくなりそうな気がする。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2014年12月16日 06:22に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「マクドナルド、米西海岸港湾労使交渉長期化影響で「マックフライポテト」Sのみに限定」です。

次の記事は「え、まじでこんな天気図!? 明日17日はエラい天候になりそうだ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31