御嶽山報道、「遺族の人となりの紹介」って必要なの?

| コメント(0)

【御嶽山噴火犠牲者報道の朝日新聞のあり方について】


先日の【御嶽山災害、今報道がやるべきこととは】や以前の自殺報道周りでも触れているんだけど、こういう類の話を聞くと、どうしても下種な回答しか出てこないのよね。純粋な災害報道としては必要性が無い、あっても低いもので、むしろ指摘の通り、災害・天災にあっただけでなぜ本人や周辺の人が「晒される」羽目にあわねばならないのか、そしてそれを成す報道は正義の御旗を立てつづけることができるのか。


野次馬根性や心の奥底にある「優越感を充足させるための、相対的に不幸な人たちの情報を欲する」というダークな部分(人の不幸は何とやら)を満足させて視聴率をゲットだぜ、的な発想しか出てこない。まさに芸能界のお話と同レベルにまで、事件、事故、災害報道をおとしめている。ニュースのワイドショー化という話も十分に納得できる。

他方、このような意見もある。災害そのものの印象を深く刻ませるには、その背景を知らしめたほうが良いというものだ。


これも一理はあるんだけど、この論拠を是としてしまうと、昨年問題視されたアルジェリアの人質事件における、非公開前提だった人質の名前について「弔いになるから」「公にすることで歴史に名前を刻むため」「無念を晴らすため」という、大義名分まっしぐらな、取ってつけたような理由、自己本位のルールでやりたい放題をやってしまう免罪符が無制限に発行されかねない。特に最後の「無念を晴らすため」云々ってのはまさに、「犠牲者の数だけでは不十分で」という、上記の指摘の理由と同じ話が悪用された事案だからね。


恐らくはずっと前から同じようなことが繰り返されてきたんだろうけど、そろそろ既存のパターンに当てはめて「楽して読者や視聴率ゲットだぜ」「イヤだけど仕方がない」「見たくないなあ」というのは幕引きにしたい感はある。特に上に挙げた昨年のアルジェリアの事件において、「例えダメだと、ストップがかかっていても、報道側の勝手ルールで大々的にそれを破り、しかもそれを正当化する」という手法が平気で行われるのが分かった以上(「また朝日か」とは言わないでおく。アルジェリアの件も朝日新聞がトリガーだったけどね)、その想いは強い。

リソースは有限なんだし、もっと他に優先すべきことがあると思うんだけどな。消費税周りであれだけ「首が回らない」と声高に語っているんなら尚更。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2014年10月 5日 07:37に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「行方不明になっていた愛猫と7年後に再会できた奇跡」です。

次の記事は「3Dプリンタをコスプレパーツ製作マシンとして使う発想」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31