電子レンジの使用を「チンする」とする言い回しはシャープのおかげ

| コメント(0)


文化庁が9月24日に発表した定点観測調査「国語に関する世論調査」の最新版。こちらの概要リリースに、電子レンジを使うことを「チンする」と表現することについて、9割が肯定するという結果が出ている。これに関してシャープの公式ツイッターアカウントが豆知識的な言及をしている。

電子レンジの利用の際に、出来上がりを知らせる音を導入した、しかも自転車のベルの音を採用したのはシャープが初めて。ということは、「チンする」はシャープのおかげといっても過言ではないという話。ここで仮にシャープが自転車のベルの音で無く、玄関のブザーの「ブー」という音を採用していたら、今頃電子レンジを使う行為を「ブーする」と表現していたかもしれない。いや、それはさすがに難しいか(笑)。

ともあれ、シャープの電気製品が意外な場面でも日本の文化、生活様式に深く係わっていることが改めて理解できるお話ではありました。

なお「国語に関する世論調査」そのものはすでに公開データを取得。週末に精査して、興味のある項目を抽出した上で、来週あたりから記事をぼちぼちと書き始める予定。今件記事もそれに備えた覚え書きでもあったりする。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2014年9月26日 06:08に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「iPhoneの箱をおかず箱に、そしてパクツイの様式美、さらに悲劇は斜め上を行く」です。

次の記事は「いわゆる「クソリプ」はリアルでも存在する、むしろ現実世界の方が高確率!?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31