「朝日の記事で言わせたり」政府事故調査委員会議事録内で菅氏の挙動明らかに

| コメント(0)


先日「吉田調書」の漏洩による情報錯綜を防ぐため、本来非公開の予定だった福島第一原発の事故に関する」政府事故調査委員会議事録。PDFファイルとはいえテキスト化されていないため、なかなか解析が進んでいないようだけど、ちらほらとチェックを入れた人による話が上がっている。今件もその一つ。

「プロメテウスの罠」でも菅氏の激昂の話は出ているとの指摘もあるけれど、問題はその部分では無く。

菅氏の挙動に関して色々と話が出ていた勇猛果敢な話どころか、それと正反対の対応をしていたことが告げられている。無論、議事録にあることすべてが「事実」とは限らない。語った人には「真実」であっても。ただ、「事実」の可能性が高いこと、他の人と付き合わせればその確からしさはさらに高まる。議事録外で語られている、現場にいた人、それに近しい人から伝わってくる話も合わせれば、ね。

そしてこの議事録の内容が(個人の思い違い、勘違い、表現の間違いを除けば)、他の話より事実に近い、複数の議事録を突き合わせればその可能性がさらに高まる理由は2つ。1つは「本来非公開の前提で収録されていたこと」。公開予定として語られた場合よりは、より細かく、正しい内容が語られる可能性は高い。そしてもう1つは、いわゆる「囚人のジレンマ」。仮に嘘が語られたとしても、個々の聴き取り内容は非公開なのだから、該当者同士でも他人の内容を知ることはできない。お互い陰で口裏合わせをしたとしても、それが正しいか確かめるすべはない。整合性が取れなきゃ、どちらかが間違いということになる。今回の「吉田調書」を巡っての、朝日新聞と読売・産経の内容の相違みたいに、ね。

で。

その辺の詳しい精査は他の人がお仕事ということでやるだろうからホールドとして。

それから、菅の態度については、大変遺憾だと思うのです。特に民間人に、「一体何のためにおれがここに来たと思っているのだ」、これは本当に呆れて、私は寺田に出がけに、寺田もこの世界では新人みたいな人ですから、寺田に「総理を落ち着かせろ」と。 文章には、落ち着かせろと私が言ったら偉そうだから、落ち着いて何とかと書いてありますが、落ち着かせろと言ったのです。寺田は黙って聞きますよ。それは私と彼の関係だったら。


副大臣といえども内閣の一員ですから、審議官とか武藤とか副知事には申し訳なかったと謝った。それぐらい大変な激昂でした。

僕は人を後ろから鉄砲で撃つのは嫌いだから、菅さんにもこの文章を渡しました。ただ、非常に遺憾なのは、打ち消しにかかって、あの日以外はほとんど冷静だったと朝日の記事で言わせたり。ということは、あの日は激昂したということでしょう。


上でも触れているけど、激昂したか否かが問題視したように見えるし、その直後の黒塗りの部分が非常に気になる流れではあるんだけど。むしろゴジック強調の部分(こちらで装飾)。

「朝日の記事で言ったり」ではなく「朝日の記事で言わせたり」と書いてあるのだよね。「言わせたり」。これは何を意味するのだろう。

残念ながらURLは失念しちゃったけど、震災後の数か月以内に朝日新聞あたりで、原発事故当時の閣僚らの英雄譚的話が大きく掲載されたのをそれとなく記憶してるけど、それってもしかして......と思う次第(それが「プロメテウスの罠」だったのかもしれないけど、今サイトにも備忘録が無い)。

朝日新聞のウェブでもアーカイブをたどるのは難しい。というか3年も前の話だからね。ウェブロンザには【東京を救ったのは菅首相の判断ではないか【第2弾】】をはじめ、当時の記事が掲載されているので、それからたどることも出来るんだろうけど(書き手も多分にダブっているし)。

「朝日」というとテレビ朝日では無く、朝日新聞に他ならない。そして原発事故周りの詳細な記事を書き連ね【プロメテウスの罠】として書籍を出版し、その内容に関して大いなる賛美を受ける一方で、現場関係者からかなりキツイ批判を受けているのも朝日新聞。

さらには......


......そう。「吉田調書」をどこよりも早く入手し、スクープとして報じたのも朝日新聞なんだよね。

はてさて。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2014年9月16日 06:10に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「色々と妄想させられる「スマブラ3DS」の不具合」です。

次の記事は「「国民ひとりあたり年間、いくらで警察から守ってもらってるか知ってる?」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31