「空き家」は単なる「いつでもすぐに第三者が住める」空の家だけじゃない・仕方なく放置している廃墟な空き家もある、その対処法案が立案中

| コメント(0)


詳しくは今日の午前中に本家サイトで【即入居可能な物件とそうでないものと......空家数増加の実態をグラフ化してみる(2014年)(最新)】にて説明するけど、先日掲載した【住宅の空き家率は13.5%で過去最高に(2014年)(最新)】にもある通り、日本の空き家は約820万件に登っている。でもそのすべてが需給の問題で供給過多にある、第三者が今すぐにでも住める「即入居可能な観点での空き家」ってわけじゃなくて(それは約460万戸。しかも需要に合わない内容の空き家も少なくない)、多分に廃墟同然で放置されている空き家もあり、それは増加の一途をたどっている。

なぜそんな空き家が増えているかと言えば、固定資産税や都市計画税の問題。住宅があればそれが空き家でも、それら税金の特例措置を受けられるため、さまざまな理由で必要が無くなった住宅でも取り壊して更地にすることなく、放置している次第。その方が税金が安上がりで済むし、撤去費用も要らないから。

でも景観、防犯、防災の観点ではよろしくないのは言うまでもない。お化け屋敷がずらりと並ぶ街並みなど、怖くて仕方がない。で、上記にある「空家等対策の推進に関する特別措置法案要綱」ってのが関連グループで作られている。その法案が成立施行されれば、この状況をある程度改善させられるようになる...はず。少なくとも現状の問題点に対する突破口にはなる。

本来なら先の通常国会で成立させるはずだったのが、民主党の内部調整がつかずに、全会一致での法案提出ができず、断念。今秋の臨時国会で成立させることを目指しているんだそうな。臨時国会が開催されれば、この法案周りの話も報じられるようになるかな。

まぁ少なくとも「820万戸の空き家を有効活用しろ」と、数字だけを掲げて逆切れするのは、筋違いということに違いは無い。何をするにもリソースと裏付けとなる法が必要。その双方の後ろ盾もなく強行するのなら、それは単なる独裁強権国家でしかない。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2014年8月 2日 07:52に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「イスラエル兵誘拐拉致の話と片方のみの悲惨さアピールと「現場」取材と」です。

次の記事は「世界の「いぬ」「ねこ」どちらが好きか勢力マップ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年1月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31