プレミアム牛めし(松屋)試食

| コメント(0)
↑ プレミアム牛めしの発売を公知するポスター
↑ プレミアム牛めしの発売を公知するポスター


先日本家サイトで【松屋の牛めし、一部店舗で「プレミアム牛めし」に切り替え・価格は380円に値上げへ】にて紹介した、松屋の「牛めし」に代わる新ニュー...というか代替メニュー「プレミアム牛めし」。行動領域内に先行発売する店があったので、時間を割いて試食。いつもより店員が一人多く、一応新メニュー導入ってことで対応を取っているような感はあった。

んで、早速オーダーをして待つ事2分ほどで現物到着。

↑ プレミアム牛めし。専用の黒胡麻焙煎七味付き。七味容器の持ち帰りは不可
↑ プレミアム牛めし。専用の黒胡麻焙煎七味付き。七味容器の持ち帰りは不可


写真はすでに紅ショウガと黒胡麻焙煎七味をかけたもの。一応告知に「独自開発で作り上げ、肉が柔らかく、口当たりが良い美味しい牛めし」と書いてあったけど、それじゃ今までの牛めしの立つ瀬がないよ......と思いつつ、口にする。

まぁ、実際の所、飛びぬけて「美味し」と絶叫するほどのものではないけれど、確かに以前の牛めしと比べれば美味みは増している。以前の牛肉は薄っぺら感というかふにゃふにゃ感(ある意味それが「牛めし」たるゆえんではある)が強かったけど、今度の「プレミアム牛めし」はそれなりにしっかりとした牛肉感がある。もちろん牛焼肉系のと比べるとまだ柔らかさは強いので、「ちょっとだけ焼肉系に寄り添った牛めし」というところ。そして味そのものの濃さというかコクもワンランク上。別添えの黒胡麻焙煎七味もアクセントとしてはポイントが高い。

みそ汁もちょっと濃い目になった。以前の「お湯の量を間違ったようなインスタントみそ汁」的なものではなく、それなりなみそ汁感があるのは良いところ。みそ汁も合わせ、単体で考えれば値段相応、プレミアムをつけるだけの価値はある一品。

ただ、これまでの牛めしが290円だったことを考えると、プラス90円でこの味というグレードアップを許容するか否か、つまりコスパの面でOKを出すか否かは、人それぞれだと思う。チープ感、お得感が強かったこれまでの「牛めし」のイメージを脱却し、人数的にこれまで同様、それ以上のお客のハートをつかめるか。7月分以降の営業成績を見極めたいところ。

ちなみに、今回足を運んだ店だけではないと思うけど、従来の牛めし系以外に、「豚バラ焼肉定食」「豚バラ生姜焼定食」「ネギ塩豚カルビ丼」「カルビ焼牛めし」も販売を休止するとのこと。いつ解除されるかは不明。これらのメニュー愛食家は、「プレミアム牛めし」に切り替わる前に、食べ納めをしておいた方が良いかもね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2014年7月22日 11:11に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「これでバードウォッチングもラクラク・一つ二役のサンバイザー」です。

次の記事は「まんが4コマぱれっと 2014年9月号読了」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年2月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28