これでバードウォッチングもラクラク・一つ二役のサンバイザー

| コメント(0)
↑ Binocular Visor
↑ Binocular Visor


先の「UFO風鈴」でも感じたんだけど、自由な発想でコロンブスの卵的なアイディアが体現化されたものを見ると、それがほんのちょっとしたアイテムでも、深い感銘を受けてしまう。今商品「Binocular Visor」もその一つ。直訳すると両眼バイザー。

直射日光を避けるためのサンバイザーに、倍率2.5倍の簡易双眼鏡をプラスしたもの。普段は普通にサンバイザーとして使い、記事タイトルにもあるようにバードウォッチングなどちょっとした距離にあるものを見たい時にツバの部分を下げて、さくっと拡大して見ることが出来るというもの。ああ、これならわざわざ別途双眼鏡を持ち運ばずに済むので、楽なことこの上ない。

同名の商品にはもう少し本格的なもの、具体的には双眼鏡の部分がヘッドマウントディスプレイのようになっているものもあるけど、こちらの方がデザイン的にお茶目。色が緑ならカエルみたいだよね(笑)。

価格は12.98ドル。構造もシンプルだし、子供向けの探偵ツールみたいな感じで注目されるかもしれない。......まぁ、双眼鏡として使っている情景は、はたから見れば間抜けだけど(笑)。

ほぼ同等品の色違いの動画レビューがあった。


......うん。やっぱりお茶目というよりは間抜けだ(汗)


(ソース:【Like Cool】)

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2014年7月22日 06:59に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「これぞ新感覚・謎のビームでヒトがさらわれる「UFO風鈴」は実在した」です。

次の記事は「プレミアム牛めし(松屋)試食」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31