まんが4コマぱれっと 2014年9月号読了

| コメント(0)
↑ まんが4コマぱれっと 2014年9月
↑ まんが4コマぱれっと 2014年9月号


定期購読刊の4コマ誌のうちの1つ。一迅社発行。今月表紙は先月に続きテレビアニメ直前の「ろこどる」。裏表紙はいわゆるダブル表紙という企画で、アイドルマスターなんちゃら。確かに双方ともアイドル周りの話なので、マッチはしている。


■だんちがい......巻頭カラーでちょいといつもとは違う雰囲気。むやみに動物を愛でたくなる時ってあるけど......。
■未確認で進行形......最近小紅のターンが続いていたのでオーバーヒート。そういやそういう体質の設定でした。そして始まる周囲のドタバタ。この人間関係の面白みがステキ。
■葉月カノンは甘くない。......巻中カラーでプール回。例のBJは出てきません。そしてランディーが防水で無いことが判明。家庭防水機能位はあると思ってたのに。「久しぶりに」とのセリフ回しがあったので、昔は競泳関係だったのかも?
■スターマイン......季節もののスイカの話。被る可能性はゼロではなく、入手可能な人が多ければそれだけ偶然も。妙な賢さを見せるも微妙に外す風見さんと、狂言回しに終始する郷ちゃん......。そういやノートPCは常用ってことになったのね。
■GCC......ゲーム作り1本終了。番外編か何かでこのノリで「スターマイン」の設定でゲームを創ってほしいもんだ(クロス設定で)。それにしても登場キャラの髪色がベタ塗りタイプのが多い&学生服の色合いの関係で、パッと見で黒っぽさが目立つのがちょっと気になる。
■氷室の天地......人は他人を概して「記号」の集合体として覚えるもの。ましてやその記号による記述描写が多い漫画となれば、という話を思い知らされる回。確かにパッと見ですげぇ印象が変わる。それと「失敗した失敗した」じゃねぇ(笑)。
■魔女とほうきと黒縁メガネ......最終回。ある程度予想は出来ていた、ある意味ハッピーエンディング。作者曰く「最後の三回で全部まとめをぶち込む」と決めていたそうで、予定調和的なしめだったそうな。最後の最期で思いっきりやらかしてくれて、単行本向けの描き下ろしが楽しみなモード。
■たらちねパラドクス......面白い組み合わせと面白いコマの見せ方......だけど、これ多分タイムオーバーだったんだろうな的なところがちらほらと。


「リトバス」「やさしい教師」はお休み、今回号で「みなと∞みらい」「魔女とほうき」が最終回、次号で「オレンジぐんだん」が最終回......ってえぇぇぇっ。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2014年7月22日 11:45に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「プレミアム牛めし(松屋)試食」です。

次の記事は「自分の好きな写真や絵柄が焼き付けできるカスタマイズトースターSelfie Toasters」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31