階段を使って自分だけで「とってこい」遊びをするわんちゃん

| コメント(0)



以前【自分だけで「とってこい」遊びを楽しむワンちゃん】で川の流れを上手く使って、自分だけで「とってこい」遊びを楽しむ犬のことを紹介したけど、他にも似たような「一人遊び」ならぬ「一匹遊び」が出来る犬は結構いるようで。これはロンドンにいる Sid Russellという名前の犬の遊びスタイル。

階段の一番上の段のぎりぎりのところにテニスボールを置き、ころころと転がるのを先回りし、自分の口でつかんで上に運び、再び落ちて来るのを待つというもの。恐らくは飼い主に教え込まれたか、偶然落ちてくる様子を見つけて学習したんだろうね。

傍から見れば「賢いなあ」という感想しか出てこないのだけど、案外犬側にしてみれば、普通の「とってこい」と同じ程度の、反応的な遊びとして位にしか認知していないのかもしれない。

こちらはもう少し近いところから撮ったもの。


元々最上段の部分が少し勾配になっていて、ボールを置くと転がっていくのを知った上でおいているのが分かる。また、しきりに飼い主の方を向いていることから、自分自身の楽しみとしてだけでなく、一連の行動を芸として、飼い主に観てほしいって気持ちもあるのかもしれない。

いずれにせよ、スゴイ良くできたわんちゃんには違いないわな。うん。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2014年4月29日 07:13に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「艦これお馴染みの「赤城のどんぶり」が商品化されるとの話」です。

次の記事は「投票権付きのウエハース「ラブライブ!ウエハース」発売」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31