「この作品はこう終わるべきだった!」を実際に作ってしまう人達

| コメント(0)


数々の名ドラマ、名映画の中には、後味が悪い終わり方をするものや、「理解はできるし作品としても良くできてるけど、なんだか今一つ、歯切れが悪いような」的なものもある。いわゆるグッドエンドかもしれないけど、ベストなハッピーエンドとは言い切れないよね、というもの。

このグループ「How It Should Have Ended」ではそんな作品たちにスポットライトをあてて、「それじゃ自分達で独自の、ベストなエンディングを提供しようじゃないか」という志のもとに、数々の名作(大体は新作映画)の終わりのストーリーを独自タッチのアニメで提供している。上の動画は先日公開された「パシフィックリム」の「こんな終わり方がいいよね」的なもの。

概してハッピーで後味の良い終わり方を心掛けているので、「IF」の世界を楽しむ以上に作品を味わ合うことが出来る。ちなみにこれは「ワールドウォーZ」。


こういう作品のパロディの仕方も面白いよね。ちなみにこのグループ、支援方法の一つとして自分達が創ったTシャツを買ってほしいとも訴えてる。技能があればこういうビジネスモデルもありんだろうなあ。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2014年4月28日 06:45に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ステキなパンケーキの作り方、ですと!?」です。

次の記事は「まんがタイムきららキャラット2014年6月号 読了」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31