まんがタイムきららキャラット2014年6月号 読了

| コメント(0)
↑ まんがタイムきららキャラット2014年6月号
↑ まんがタイムきららキャラット2014年6月号


表紙は「ひだまりスケッチ」。今回はちゃんと載ってます。カラー2ページ目に「きんいろモザイク」アニメ第二期制作決定とのお話が。詳細は続報を待て。あと、まんがタイムきららフェスタ!の開催決定とか。


■ひだまりスケッチ......巻頭カラー。年代が変わって新入生との対談。まぁよくありがちな内容で「あるある話」に花が咲く。ある意味、この時期が一番楽しい。
■お気軽にっ!......再登場ゲスト。ローソンマートという店舗が実際に出来たので、この名前はちょっとまずいかも?(笑) コンビニ系の漫画としては良くできてるほう。
■Aチャンネル......巻中カラー。普段の遊び、ということだけど、何かあまりにも個性的。
■NEW GAME!......法律でもちゃんと定められている、企業勤めしている人なら経験があるはずの、健康診断。ちゃんと経験の上で書いているらしく、しっかりとした描写。
■ぱわーおぶすまいる......また再びシリアス編突入っぽい雰囲気が前回からあったけど、その通り。でも前のと比べると、ちょっとベクトルの違いがあって、これはこれで。問題は「姫」なんだな、これが。3巻広告の「みっくみくにしてやんよ。」は色々な意味で卑怯です。
■ばーどすとらいく!......意外なノリが面白く、ついに巻中カラー。ちなみにアゾマンはアマゾンのことね。
■先輩には頭が上がらない!......ある意味、前回からの続き。一つ区切りがついたけど、この流れだともうすぐ終わっちゃいそう?
■セカイ魔王......終わりが近づいてきたこともあり、ダイナミックなコマ割りのシーンが増えてきた。話がシリアスなんだけど、ドラマのクライマックスシーンを観ているように、あっという間に読み通してしまう。


「GA」「ぷらいま」は休載。「GA」は3か月連続かあ......。いいのか、それで。「さくらティーブレイク」は次号で終了。ぐぬぬ。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2014年4月28日 12:43に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「この作品はこう終わるべきだった!」を実際に作ってしまう人達」です。

次の記事は「艦これお馴染みの「赤城のどんぶり」が商品化されるとの話」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31